陶石(Sericite系)

陶石は、食器や陶器などの原料として出荷されます。耐火性の面だけでなく、陶器として焼いた際の透き通った白色に特徴があることから、製品の品質を決める重要な原料の1つとして位置づけられています。他社の物と比べL値が85以上と非常に白い陶石です。自社での粉砕は10mmアンダー品が主ですがお客様のニーズに合わせた大きさに粉砕する事も可能です。(30mmオーバー品、30~20mm品、10mmアンダー品は自社にて即対応できます。微粉砕になりますとクレー工場経由となります。)

                                                   (焼くと白くなります) 
p1010013   p1010015
                                                   (焼くと白くなります)
p1010016   sericaite2

【分析例】

 

製品名SiO2Al2O3Fe2O3TiO2CaOMgOK2ONa2O
Igloss出荷時の
粒サイズ
陶石1級 77.07 15.94 0.18 0.08 0.11 0.05 3.79 0.10 2.68 10mm以下
5mm以下

2級 80.30 13.70 0.07 0.09 0.10 0.03 3.02 0.13 2.20
10mm以下
5mm以下
3級 83.40 11.30 0.12 0.13 0.07 0.07 2.76 0.04 1.78
10mm以下
5mm以下

 【特徴・主な用途】
(陶石1級)衛生陶器、洋食器、陶磁器、碍子などの原料として使用されます。弊社の主力製品で最も生産量が多いグレードです。
(陶石2級・3級)陶磁器、碍子などの原料として使用されます。