企業方針

安全と環境への取り組み・お取引について

① 地域企業として

  • 法令、倫理規範を遵守した企業活動により、地域と共存・信頼されるよう努力しています。(鉱山見学等積極的に受け入れています。)

② 環境保全活動

外部環境については、粉じんと排水に気を付けています。

  • 粉じんについては、散水設備により構外に粉じんを出さないよう努力しています。
  •  鉱排水については、排水基準を守り、月1回業者に水質検査を依頼しています。

③ 安全衛生活動

  • 施業案、保安規定、作業手順といった業務上のルールを守り、安全作業を個別に徹底しています。
  • 保安講習会、各種資格試験等を積極的に受講、受験を奨励し、参加させています。
  • 朝礼時に、日例保安目標を揚げ、また、係員による現場指導に力を入れています。
  • 月1回3時間、従業員全員でパトロールし危険箇所、補修箇所を個別の視点から見て保安会議で話合い、改善・修理するようにしています。
  • 粉じんの曝露防止に平成18年4月より電動ファン付きマスクを採用しています。
  • 作業者間、事務所の連絡を密とする為、坑内外専用PHSを導入しています。

④ 品質管理活動

  • QC工程表による作業手順の徹底と遵守を行っています。特に異物混入に注意しています。
  • 品質管理試験の正確化を期し、異常があれば、必ずその都度、対応しています。

⑤ ビジネスパートナーとの信頼構築

  • ユーザー様はもちろん、資材納入業者様とも密に連携し、スムーズな納品、作業を心掛けています。

⑥ 公正な取引・倫理の順守

  • 法令、地域や業界の商慣行、社会通念上の倫理等に基づき、健全かつ適切な取引を行うとともに、第三者から不公正・不透明な疑いをもたれないように、各取引について常に十全なチェックを行います。
  • 取引に当たっては、取引契約の内容に含まれない「値引き・協賛割引の要請」「商品・サービスの提供要請」などといった(公正取引委員会「優越的地位の濫用に関する独占禁止法上の考え方」平成22年11月30日発表に基づく)優越的地位の濫用に該当する行為を行いません。
優越的地位の濫用に該当する行為
  1. 継続して取引する相手方(新たに継続して取引しようとする相手方を含む。ロにおいて同じ。)に対して、当該取引に係る商品又は役務以外の商品又は役務を購入させること。
  2. 継続して取引する相手方に対して、自己のために金銭,役務その他の経済上の利益を提供させること。
  3. 取引の相手方からの取引に係る商品の受領を拒み、取引の相手方から取引に係る商品を受領した後当該商品を当該取引の相手方に引き取らせ、取引の相手方に対して取引の対価の支払を遅らせ、若しくはその額を減じ、その他取引の相手方に不利益となるように取引の条件を設定し、若しくは変更し、又は取引を実施すること。

公正取引委員会「優越的地位の濫用に関する独占禁止法上の考え方」平成22年11月30日より

⑦ 個人情報の取り扱いについて

  • 弊社では、お取引に関して原則として法人に限定しており、個人の方とのお取引は承っておりません。したがって、個人情報の取得はいたしません。
  • お取引以外の何らかの理由によって個人情報を取り扱う際は、取得した情報について弊社内での利用に限定し、適法、公正に管理し、第三者への提供はいたしません。