採掘から出荷まで

採掘から出荷まで

原鉱石の採掘から選別、粉砕、出荷までを厳重管理

土橋鉱山の鉱床は、褶曲や断層によって複雑に入り組んでいます。
坑内安全に努めながら、一つ一つの工程で品質管理を徹底することで、安心してご利用いただける製品をお届けしています。

1 ボーリングによる調査

坑内採掘に先進ボーリングは欠かせません。鉱体の賦存状況を知り、今後の採鉱計画を立案するために、必要に応じて実施します。

boring2  bowring2

2 岩盤への穿孔

クローラードリルを使用し、坑道の大きさや岩質に応じて、方向と枠間隔などを考慮しながら、爆薬を装填する孔を20~50程度穿孔します。

sakkou  sennkou2

3 発破による起砕

慎重に爆薬の装填を行い、周辺の安全を確認した後に、発破器に接続し爆破します。坑内作業でもっとも緊張する瞬間です。

souten1  happa2

5 原鉱ピットで仕分け

抜鉱口から4トンダンプに積み込まれ、地上へと運ばれます。原鉱ピットでは更に、品種・品質・品位を分けて貯鉱します。

genkoup1  gennkou2